AltcoinReport

Altcoinの噂、情報、妄想を載せるブログ

VergeのBlackpaper Rev 2.0をあの先生が翻訳

f:id:LL96:20170812102619j:plain

ブラックペーパー、PDFじゃん。これは手打ちで翻訳ツール使うしかないか?スクリーンショット取って画像の文章を翻訳するサービスないかな...「ホワイトペーパー 翻訳」...おっ( ^ω^ )

 

bitcoiner.link

貯金1000万円を仮想通貨に換えた男のブログを運営しているマナさんが書いた記事!(ここ重要)なんと、Google翻訳や無料のオンライン翻訳サービスを使えば、PDFだって翻訳出来てしまう。

 

translate.google.co.jp

f:id:LL96:20170812103308j:plain

便利なものは使っていこうということで、さっそくGoogle先生を頼って翻訳開始!!!

 

1.0 はじめに

2.0 Tor統合

2.1 Tor統合

3.0 I2P統合

3.1 I2P統合

4.0 Electrum

5.0 マルチアルゴリズムサポート

6.0 Android Tor+I2P

7.0 将来の開発 RSKスマート契約

8.0 将来の開発 Discord&Telegram P2P

9.0 参考文献

10.0 貢献者

 

Verge Blackpaper Rev 2.0から引用

ひとまず大項目のみ翻訳した文章を記載。さすがに引用した文章を全部は載せれないよね() 1.0~3.1は概要であったり、Vergeの匿名性を実現するために必要なTor、I2Pという二つのシステム(ソフトウェア?)のことが書いてあった。

Tor、I2Pについては後から調べるとして、今回は7.0と8.0の将来の開発に注目してみた。

 

7.0将来の開発:RSKスマート契約

スマートな契約は、ユーザーの迷いをロックされた種類の予約に入れることによって機能します。smartXVGと呼ばれるRSKトークンをバックアップするために使用されます。 それをあなたの辺縁を RSKネットワークを使ってそのお金を使うことができます。注意することは重要です 。


簡単な契約がBitcoinのために用意されています。これにより、ユーザーはmutlisigのような契約を作成することができ、 2人以上のユーザーが支払いを承認する前にサインオフする必要があります。
とともに VergeでRSKを実装すると、シンプルなスマートな契約はまったく新しいレベルに Ethereumの現在の頭脳に頭を浮かべるチューリング完全なスマート契約機能 提供。

 

RSKのもうひとつの利点は、拡張性があることです。

RSKは現在400の支払いを達成しています 1秒あたりのトランザクション数は、現在の状況と比較して劇的に進歩的な飛躍です トランザクションレート。 約100 /秒。

RSK開発チームは、 将来の目標でバーをさらに押し上げて、毎秒2,000トランザクションをサポートすることです。Luminoと呼ばれる第2層技術を使用しています。

LCTPホワイトペーパーに記載されているように、Lumino ネットワークとして知られているプロトコルに依存しているオフ鎖決済システムである ルミノのトランザクション 圧縮プロトコル

LTCPはスケールリングソリューションであるLightning Networkと比較することができます。元々Litecoinでテストされているビットコインのために設計されています

 

Verge Blackpaper Rev 2.0から引用

7.0将来の開発:RSKスマート契約から翻訳した文章を一部抜粋。ここで気になったのはLumino Network...RSKだとかスマートコントラクトだとかはよく目にする単語。

 

btcnews.jp

btcnews.jp

RSKとはなんぞや?という方はこちらの記事がおすすめ。要するにRSKを使えば、早くて安くてうまーい!!となるわけですよ(スケーラビリティの向上、コスト軽減、スピードアップの意味)

 

www.bibitpost.com

そして、Lumino Networkについてはこちらの記事。RSK+Lumino Networkが配備されると、20万トランザクションが実現可能??!!(オフチェーン上)

 jp.techcrunch.com

VISAカードのシステムはピーク性能が秒間5万6000取引(5万6000tps)と言われおり、平均スループット(処理性能)はその1/10前後と言われている。

RSK+Lumino Networkによる20万トランザクションはおそらくピーク性能??で、平均スループットだとVISAと同等の処理性能が実現できるという感じなのかな...

 

f:id:LL96:20170812120423j:plain

いずれにしても、RSK+Lumino Networkにより処理性能が向上して、とても頼もしい存在と言える!!「サラマンダーより、ずっとはやい!!!」

 

 

 

ここからは8.0将来の開発 Discord&Telegram P2Pについて。

P2Pは、ユーザーがインターネットやモバイル経由でコインを転送できるオンライン技術です デバイス
これを行うには、消費者はオンラインアプリケーションを使用します。この場合はボットですか? を指定する 転送されるコインの量。


受信者はユーザー名だけで指定され、 転送が送信者によって開始された場合、受信者はオンラインでの使用の通知を受信する ボット。新しく設立された預金口座で支払いを受けたことを示しています。 

ユーザは次に ?!withdraw?のような簡単なコマンドでボットにつぶやくメッセージを送ることができますか?


そして、 新たに取得したVergeの受信方法に関する一連の指示が表示されました。 このサービスは あなたが送ろうとしている金額と送金先の金額を超える追加情報は一切必要ありません。

いいえ IPアドレス、場所、名前などのプライバシー情報はこのプロセス中も保持されます。 きみの 取引を開始する以外の個人的な身元は完全に匿名のままです。

 

 Vergeは、すでにTwitterReddit、およびYahooのP2Pソリューションを提供している唯一のcyrptocurrenciesの1つです。 インターネットリレーチャット(IRC)、スラックとスチーム。 これらのP2Pサービスにより、ユーザは、 それらと同じ社会的プラットフォーム上の誰でも

 

Verge Blackpaper Rev 2.0から引用

翻訳した文章を一部抜粋。Discord、Telegram...コイナーなら目にしたことがある単語ではないだろうか?

 

www.gamespark.jp

www.gamespark.jp

Telegramはさすがに分かるでしょうwということでDiscordの分かりやすい記事はこちら。Discordは実際に登録してみて驚くほど速く使い始めることが出来たので、Skypeから乗り換えたい...とかネトゲする方とかにはおすすめ!

 

vergecurrency.com

肝心のDiscord&Telegram P2Pについては、公式URLのロードマップにも書いてある通り、Discord&Telegram上でVergeが取引出来るサービスを開始するとのこと。しかもサービス開始は2017年8月、つまり今月だ!

 

jp.techcrunch.com

www.hivelocity.co.jp

jp.techcrunch.com

各チャットアプリ、メッセンジャーアプリのユーザー数はこちらの記事。

Skype3億人、Telegram1億人(月間アクティブ)、Discord2,500万人。

TelegramでVergeを送金はイメージ湧かないけど、Discordはゲームの大会が開催されて、賞金として100万円分のVergeが...という未来はありそうw

 

最後に小ネタ。

 VergeのBlackpaperの日本語翻訳作業をVergeのマーケティングチームが探していたらしく、無事翻訳する方が見つかったようで、この記事よりもっと正確な翻訳は近日公開されるっぽい?MaeotsuさんはVergeに詳しい方なので、Hodlerはフォロー推奨()

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin